カラフルな北欧雑貨が映える優しさと素朴さ

無垢材の自然な風合いは人を癒す

無垢材をつかった家具の特徴はなんといってもその木目の美しさです。
合板や集合材のように人工的に加工したものではだせない自然の風合いが木目にでることで、何百年もかかって
その年輪を構築してきた自然の営みそのものが木目に現れていて、それは一つ一つに個性があり、どれ一つとして同じものはないのです。
この貴重な自然のデザインをテーブルやチェアとして加工することで、森が自宅のリビングに突然あらわれたようなとてもリフレッシュメントを
感じる空間に変えてくれます。

それは無垢材は一本の木をそのまま切り出し、加工せずに家具としてしようしますから、この木はつねに呼吸をしています。

無垢材はそれだけで、調湿作用があり、乾燥している日は水分を放出します、湿度が多い日は水分を吸収して、伸縮します。
実は断熱性もコンクリートの2倍もあり、空気中の湿度に影響されることがすくないので、壁材として使用すると、
夏は涼しく、冬は暖かいという非常に過ごしやすい環境を保ってくれる木材なのです。
無垢材の家具のもう一つの魅力は使いこむごとに味わいが増していくよさです。
無垢材は丈夫で耐久性がよいので、お手入れ次第で長い間楽しくことができるだけでなく、使い込むことで、
木の風合いが変化し、色濃い木目と自然のステインが木の美しさを引き立てます。

また修理も非常に簡単で、削りなおしたり、コーティングをし直すことで、新品同様のような状態に家具をよみがえらせることができます。

無垢材はナラ材、パイン材、チェリー材、アッシュ材、チーク材、オーク、アルダー、ピーチなどたくさんの種類があります。
その木目の柄や色の濃淡またその特徴によって用途を使い分けることができます。
パイン材やオークは家具にも利用されますがその多くはフローリングにもよく用いられます。これは杉やヒノキのようにある程度
固さがあり、耐久性に優れているほか、明るめの木目が部屋全体の基調を明るくしてくれる効果があります。

これは家具に使用しても同様で、明るい色調がほかの合板木材と色調を合わせやすいため、ソファやラウンジチェアとしてリビングにおいても

部屋全体に良くなじみます。
自然の無垢材が身体によい一番のポイントは木が呼吸をし続けていることと、木の持つフィトンチッドという芳香成分が重要なカギとなります。
この自然の芳香剤には殺菌・抗菌作用もあるほか木が放つアロマによって、心や体を癒してくれるアロマテラピーのような作用があることで知られています。
自然にしか育まれないこの大切な恵みを大切に使い続けることで、長く私たちに癒しとくつろぎをもたらしてくれる無垢材です。